人気ブログランキング | 話題のタグを見る
 「現実より、やや大げさな演出の陳列は欲しくなる」_d0015277_15472593.jpgシャンプーや洗剤などの雑貨を買うため、豊洲駅前にあるホームセンターへと向かいました。消耗雑貨から、家を建てる資材、電動工具、文房具、家具、店舗用品まである同店は売場を歩いているだけで、何か作りたくなります。300円以下の小銭感覚で買える雑貨や部品がある店は俄然、現実味を帯びるため、お客様も真剣に売場の商品を観察します。レジに向かうため、ふらりと立ち寄った鍋売場では、相撲部屋のちゃんこに使われるような大型の両手鍋や洋食屋さんで使われる寸胴鍋が天井からつるされ、合羽橋の調理道具街のミニチュア版のような雰囲気を演出しています。すき焼き用の鉄鍋、親子丼やカツ丼の具を煮る浅い鍋、スープ用の深鍋、火を使わずに煮込み料理をするシャトルシェフなど‥‥。当初、まったく鍋を買うつもりなど、なかったのですが用途に応じ形やサイズが異なる鍋を見ていると、無性に料理を作りたくなり、売場を離れることができなくなりました。おそらく、ただ鍋をポンと置いているだけでは料理をしたいという気分にはならず、鍋を欲しいとは思いません。一般家庭では使わないようなサイズの業務用鍋やプロ用調理器具を見ているうちに、おいしいものを作ってみたいという気分が高まり、商品を手にとって眺め、さらにPOPやパンフレットにも目を通すようになりました。ディスプレイ演出によって商品購入後に得られるであろう体験やあこがれのライフスタイル、お金をかけずに楽しめる暮らしを、やや大げさにイメージさせることができると、購買意欲は高まります。

「現実より、やや大げさな演出の陳列は欲しくなる」

豊洲のホームセンターで感じました。
# by koto-style | 2006-02-18 15:46 | ホームセンター
「パパママストアの経営は海外観光地がおすすめである」_d0015277_15325893.jpgニューヨーク、香港、フランクフルト、共通点はパパママストアが元気なことです。勝ち組の代名詞、NYと言えば大型店が根こそぎ小規模店をなぎ倒している印象ですが、実際は毛糸の帽子をかぶったおじさんがのんきにタバコをくわえながら、カメラやヘッドホンステレオを販売しています。観光客の方は価格を比較するよりも「すぐに手にしたい」「値段を比較するなんて面倒だ」と思う人が大半のようで、量販店よりも2割くらい高い値段がついていても気にせず買っていきます。今年1年間の消費を振り返ってみると、日本国内で買物するよりも、海外に出かけたついでに衣料品、靴などを買っていました。海外ですることと言えば、仕事、観光、そしてショッピングです。今や国内で買物をする意思を持ってショッピングセンターに行くよりも、旅行のついでにモノを買うほうがメインになっているんですね。ソウル往復航空券は17500円、新幹線で大阪往復が28500円となると、ますます、国内を旅行するよりも、異国情緒を味わえるアジア周辺に出かけ、食事をし、買物することが予想されます。消費者の買物エリアは国内のショッピングセンターのみならず、海外まで広がっています。ならば、日本のパパママストアがハワイやニューヨークに出店してはいかがでしょうか。海外で日本語が通じる小売店は日本人観光客から喜ばれます。また、NYでは敷金に相当する保証金は1ヶ月が一般的です。銀座や丸の内に出店するよりもはるかにハードルは低いです。日本人観光客が集まる海外、ねらい目かもしれませんね。

「パパママストアの経営は海外観光地がおすすめである」

地方商店街を歩きながら感じました。
# by koto-style | 2005-12-25 15:25 | コンビニ他
「エネルギー効率を高める政策が世界の時流である」_d0015277_15294281.jpgNYでは公共の場での禁煙を厳しく取り締まっているにも関わらず、人目が届かない場所ではタバコのポイ捨てが日常的に行われていることです。NYではレストランでも禁煙であり、指定場所以外での喫煙は固く禁じられています。タバコのポイ捨ても、禁煙同様、許されないものかと思っていますと、誰もが車の窓からもポイポイ捨てています。街中のカフェで出されるカップ類も、石油を原材料とした発泡スチロール製が主流で、かろうじてスターバックスコーヒーなどでリサイクルペーパーを利用したカップが使われている程度です。日本では定着したゴミの分別収集も、NYでは行われておらず、生ゴミとペットボトルが一緒の袋に入れられ、捨てています。アメリカでは石油を牛耳るメジャーが政治的な影響力を持っているせいか、石油の消費を抑える行為は歓迎されていないようです。スーパーマーケットでは20種類以上、台所洗剤が売られているものの、地球環境への負荷の低いエコロジー商品は1種類のみの品揃えです。おそらく、地球環境への影響を考えている消費者はごくごく少数派であると予想されます。京都議定書が発効されても、アメリカでは環境を守ることよりも、消費者の利便性を優先する傾向が強く見られました。エネルギー資源をほとんど持たない日本では、2度のオイルショックを経て、近年では地球市民の一員として家電製品、自動車など、国策として省エネ商品を開発してきました。マンハッタンを歩き、改めて日本におけるエコロジー&リサイクルマインドの高さを実感しました。

「エネルギー効率を高める政策が世界の時流である」

NYのゴミ事情を見て感じました。
# by koto-style | 2005-11-25 15:28 | レストラン
「コストをかけずに付加価値を高める時代」_d0015277_18431691.jpg我が家のアパート(東雲キャナルコート)の一階にナチュラルローソンがオープンしました。ローソンの中でも特に、天然素材を使用した弁当、惣菜類、パンなどを販売する、健康にポイントを置いた業態です。ベージュを基調としたインテリアデザインはコンビニというよりも、カフェを彷彿させます。店の前を通ると、香ばしいバターの焼ける香りが漂い、ついつい食べたくなり、気がつけば毎朝、パンを買っていました(笑)。ガラス越しに工房を覗くとパンを焼いている様子を見ることもできます。店内にはイートインコーナーもあり、カウンターで買ったパン、弁当などを食べるスペースもあります。付近一帯はSOHO型のアパート群なので、ちょっとした打ち合わせスペース等として活用されることを想定しているようです一般的なコンビニは駅からの帰り道付近に立地するため、目的があって店に入るのではなく、なんとなくコンビニに入り、ついでに何か買ってしまったという、生理現象的な売り方をしているチェーンが成長してきました。ナチュラルローソン(東雲)の場合、通勤経路の途中に立地しているわけではないため、目的を持って来店するお客様をつかまなければ成り立ちません。そこでベーカリーカフェを併設したと思われます。焼き立てという付加価値を高めた反面、価格は他チェーンの類似商品に比べ約1割高めですが、不思議と高いとは感じません。今後、小銭で買い物できるコンビニの気軽さと、付加価値を高めたプチ・ゴージャス感をどのようにバランスをとるのか消費者として見守りたいと思います。

「コストをかけずに付加価値を高める時代」

ナチュラルローソンにて感じました。
# by koto-style | 2005-10-09 18:41 | ショッピングセンター
「祖父母がお金を使う場所を提供する」_d0015277_23102870.jpg江東区亀戸のサンストリートという、オープンモール型のショッピングモールに立ち寄りました。元々はセイコーインスツルの製造拠点でしたが、工場の移転に伴い、97年、再開発が行われ、商業施設へと生まれ変わりました。キーテナントには世界的なおもちゃ小売チェーンのトイザラス、ディスカウントストアのセレクトインキムラヤ、無印良品、ABCストアなど、主要チェーン小売店をはじめ、フードコートなど、約50の店舗が、路面店感覚で集積している計画的な商店街です。屋根のないショッピングモールは、風や光を直接、肌で感じることができるため、残暑が和らいだ夕方以降は、気持ちよく買い物できます。週末ということもあり、カップルのみならず、子供づれの家族の姿も、見られます。なかでも、気になったのは、両親+子供2人+祖父母という6人パーティーで来店するスタイルが目立っていたことです。トイザラスをはじめ、フードコート内にあるレストランなど、どこにいっても、祖父母が孫たちのオフィシャルスポンサーとなり、お金を支払っていました。サンストリートのテナント構成を見ると、祖父母がお金を使いたくなるような店、例えば、おもちゃ、子供服、子供写真館などの業種・業態が集積していることに気付きました。シニアは貯蓄があるので、購買力があると思われがちですが、正確に言うと、お金を使いたくなる孫が存在してこそ、本当にお金を使うようです。少子高齢化社会のショッピングモールは、誰がお金を出すかを意識した店舗構成がポイントになるのではないでしょうか。

「祖父母がお金を使う場所を提供する」

亀戸サンストリートにて感じました。
# by koto-style | 2005-09-03 23:08 | ショッピングセンター