流通ジャーナリスト 購買促進コンサルタント金子哲雄がお届けする売場直送レポート


by koto-style

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

d0015277_10414030.jpg今、大手スーパーマーケット(以下大手SM)では”底なし”の値下げ戦争が勃発しています。サブプライムショック以降、消費者の消費意欲の減退から、大手SMでは来店頻度が低下。売上を大幅に落としています。そこで、安さをアピールすることでお店に来るきっかけを創り、来店頻度を向上させたいと考え、3月の決算期を前に低価格化を打ち出しました。記者会見の席で、大手SMでは大量発注、大量仕入による調達コストの削減等により、低価格化を実現した。つまり低価格化実現のために、経営努力を重ねた結果だと力説しています。もちろん、その努力は評価すべきものですが、実際に売場で価格をチェックすると値下げ率の大きさに”複雑な思い”になりました。消費者として値下げはうれしいことなのですが。今まで248円で販売されていたパスタがいきなり、50円値下げの198円になっているんですよ。一般に価格競争の激しい流通業界では10円値下げのためにも、生産、物流過程の無駄をぎりぎりまで省くのですが、一気に50円も値下がりしたとなると、何か危ういことが起こっているのではと疑いたくなります。つまり大手SMの値下げの影で”泣いている人”がいるのではないかと。大手メーカでさえも、大手SMの売場を確保しなければ経営は成り立ちません。したがって大手SMからの「お願い」は飲まざるえないケースが目立ちます。今回の値下げにより、大手SMと取引するメーカや運送会社で働く人は自らの給与や労働時間を延ばすなど相当な負担を強いられていると推定されます。今後、食品やトラック事故の増加を招く危険性は否定できません。私たちは消費者であり、一方で労働者でもあるわけです。過度な値下げにより、そのしわよせが、自分たちの賃金低下につながってしまうと、かえって消費意欲を低迷させてしまいます。安さと賃金の安定、バランスが重要ですね。
[PR]
by koto-style | 2009-03-23 10:42 | スーパーマーケット
d0015277_1530188.jpg「なぜ、この店で買ってしまうのか」など、ショッピング行動学者として著名なパコ・アンダーヒルさんのセミナーに参加するためロサンジェルス(LA)に来ています。さて、セミナーの合間にLAの問屋街、ファッション・ディスクトリクトの中心部に位置するSANTEE ALLEY(サンティー アレー)を訪ねました。理由は簡単、先月、訪問したソウル南大門のジュエリー問屋街で売られている商品がLAではいくらで販売されているかチェックするためです。ジュエリー街の交差点には韓国系の銀行の支店があるところからも、問屋街の首領(ドン)は韓国系アメリカ人ではないかと勝手に想像しています。早速、路地裏のジュエリー問屋に入ると、そこは南大門と見間違えるほどの品数が。30坪の店内には、ネックレス、イアリング、指輪などが約2メートルの壁面いっぱいに並べられています。ネックレスが入った袋を裏返しにし、製造国を見ると、やはりMADE IN KOREAの文字が。気になるお値段は、南大門で約80円で売られていたネックレスが、なんとLAでは2.5ドル、約240円もするじゃないですか。え~え~ソウルの4倍ですよ、4倍!南大門のみなさま、あなたたちこそが”世界一激安で販売する卸売集団”であることを認めます(本当に脱帽です)。なお南大門では一つから販売してくれますが、LAの卸売店では最低100ドル以上買うのがルールとのこと。でもソウルの4倍じゃなぁ~。ちょっと買う気が失せました。アジアでも北米でも低価格ジュエリー業界は韓国がリードしているわけですね。秋葉原といえば電気街、神保町といえば古本とタウンイメージができているように、日本と言えば、○○といったカントリーイメージを意図的に作らなければ、市場で生き残れなくなるのではと危機感を抱きました。ちなみにLAの問屋街で日本と言えばの回答は”NINTENDO”でした。やはり、ゲーム国家に向かうのでしょうか?
[PR]
by koto-style | 2009-03-13 15:29 | コンビニ他
d0015277_1143251.jpg韓国、台湾と問屋街を歩いてきました。世界的な景気低迷が叫ばれていますが、アジアの街角でも、今しがた失業しましたという感じのヒトも少なくありませんでした。ソウルの南大門にはアクセサリー問屋が約800店舗以上、軒を連ねているのですが、そのなかの店をのぞいていると、一つ38円ほどのピアスを約50個、まとめ買いした男性がいたんですね年齢は50歳くらいでしょうか?男性なのにジュエリーを買い込むなんて、業者さんかなぁ~と眺めていたのですが、失礼ながらファッション関係の仕事をしているようには見えません。そのまま、男性を追いかけていると、突然、路上にござを敷き、先ほど仕入れたピアスを並べ始めました。その場所は日本人観光客が多く通行するため、路上販売に適しているんですね。それをチャンスと捉え、早速、日本人相手の土産店を始めていました。ちなみに、ピアスの売価は約300円。38円で仕入れたものを300円で販売ですから、粗利益率は約85%です。約1時間ほどで、仕入れたピアスを完売すると、再び、問屋街へと舞い戻り、仕入れます。運転資金(といっても1万円前後ですが)ができたので、38円ピアスに加えて、約80円のネックレスを50個ほど仕入れ、再び、日本人観光客の通行量の多い地区に出向き、路上販売しています。失業しても、生活が苦しくても生き抜こうとする姿勢を見ているとバイタリティーが溢れんばかりの様子に感激と恐怖心を感じました。彼らのように、国にも頼ることなく生き抜こうとする国民と、政府の補助金に慣れた国民が、国際社会で競争すると勝敗は明らかです。政府の支援は有難いですが、過保護になり過ぎて”生き抜く力”を失ってしまうと、逆に危険です。どうやら景気回復の起爆剤は、お金をばらまくことではなく、ネット上での医薬品売買規制を設けないなど、自由に商売できる環境を創ることではないでしょうか?
[PR]
by koto-style | 2009-03-10 11:01 | コンビニ他