流通ジャーナリスト 購買促進コンサルタント金子哲雄がお届けする売場直送レポート


by koto-style

<   2007年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

d0015277_19455028.jpg池袋東口ビックカメラ本店並びにヤマダ電機LABI池袋がオープンし、早速、現地を訪ねました。池袋駅の改札口を抜けると人、人、人の列が続き、文字通り、身動きできない状況でした。ヤマダ電機では郊外型店舗同様、AV機器からデジタルギア、白物家電までを品揃えしていますが、都市型駅前ということもあり、気持ちデジタルカメラなどの「男のデジタル小物」が充実しているように見えました。店内は家電量販店にも関わらず、エアコンのパワーを最大限に使っても、うだるような熱気に包まれており、来るべき家電量販店戦争が消耗戦になることを暗示させています。迎え撃つビックカメラも店内大改装を行い、ヤマダ対策に余念がありません。当然、気になるのはお値段ですが、どちらもほぼ同じ価格帯でした。ただ、池袋価格が山手線、中央線沿線等にも波及し、新宿、渋谷、吉祥寺、立川などまで巻き込み、ポイント付与率の高さで、事実上の値引競争となっています。ということは、今がボーナス商戦中というころもあり、買い時かもしれません。近年の大都市駅前型は閉店時間が10時となり、会社帰り客の取り込みを強化していることが窺えます。というのは、デジタルギアの普及率が高まり、一家に一台から、一人一台となった結果、これから新たにデジカメなどを買い増しする際、お父さんたちは予算の範囲内で、好きなものを選べるようになりました。仕事の合間にネットで商品情報を集め、会社帰りに実物を手に取りゆっくり品定めする。これが都市型男性のショッピングスタイルではないでしょうか?

「男性のひとりショッピングが駅前家電量販店を活性化している」

池袋東口にて感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・おみくの原価は1円!~時代を超えて生き残るビジネス~が発売されました!
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・お金をかけない人ほど、新しい仕事はうまくいく
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・ジャパネットたかた 思わず買いたくなる”しゃべり”の秘密
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22
[PR]
by koto-style | 2007-07-15 19:43 | コンビニ他