「ほっ」と。キャンペーン

流通ジャーナリスト 購買促進コンサルタント金子哲雄がお届けする売場直送レポート


by koto-style

<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

d0015277_1954174.jpg開業から約10日経過した、東京ミッドタウンを訪ねました。「上質な日常」をテーマに集められた約130の専門店にはセレブと呼ばれるIT長者のみならず、観光客の姿も見られます。お金を使わずにミッドタウンを楽しみたい方はスターバックスコーヒーでドリンク類を購入し、檜町公園の芝生に座って過ごすのがGOODです。ショッピングゾーンの通路でお客の様子を観察していると、意外にもミッドタウン内の紙袋は少なく、ドン・キホーテ(以下、ドンキ)の袋を持たれている方も目立っていました。つまり、ドンキで買物し、ミッドタウン内にあるスーパーマーケットやコーヒー店でドリンク、パンなどを買い、ベンチで休憩する。なかなか、合理的ですね。さて、売場の随所で見られたのが、ミッドタウンのスタッフにクレームを言う姿が。そりゃそうですよ、「上質な日常」をうたっているため、お値段もそれなり、お客の要求レベルは高まるばかりです。ちょっと見栄えが悪い総菜があると、すぐさま「交換して下さい」との声が。住宅地の商店街では、十分に「売ることができる」商品です。しかし、ミッドタウンでは返品、これではコストアップにつながります。よっぽど、返品された総菜を捨てるのであれば、半額で買いたかったのですが、そのまま、ゴミ箱に捨てられていっていました(涙)。一方で、ミッドタウンの隣にあるラーメン店は、一杯650円程度、店もきれいではありませんが、みなさん、満足げな顔で店から出てきています。なんせ六本木という物価高のエリアで600円台ですから、多少まずくても文句を言う人はいなさそうです。

「大衆を狙うと、ローコストで売上を確保できる」

ミッドタウンで感じました。
[PR]
by koto-style | 2007-04-08 19:04 | レストラン