流通ジャーナリスト 購買促進コンサルタント金子哲雄がお届けする売場直送レポート


by koto-style

「明るいキャラクターの知事が地域経済を活性化する」

d0015277_192118100.jpg
東京都品川区にあるイオン品川シーサイドショッピングセンターに、東国原英夫知事が来店し、宮崎物産フェアーにて自らトップセールスを行いました。天候は晴れているものの、寒風が吹き荒れる会場には、知事をひと目みたいという約2000名のお客がかけつけました。農協関係者等のあいさつの後、知事がステージに立ち、県内産の牛肉、果物などを紹介しながらPRします。知事自らが試食用の果物をお客に差し出し、握手しながら売場を歩くと、お客は次々に宮崎産品をかごに入れ、文字通り、飛ぶように売れていきました。体感温度は10度を切るほどの寒さにも関わらず、知事の額からは汗が滝のように流れ、商品説明の声にも力が入っています。宮崎県のトップ自らが先頭に立ち、セールスしていると、売場に立つ同県の農協や酒造業界関係者も、一致団結して販売に力が入ります。その熱気にお客も応えたくなり、商品をかごに入れます。宮崎のPRキャラバンには地元宮崎のメディアも帯同しています。東京のお客に向かって頭を下げて、一生懸命汗を流している知事の姿を、宮崎県民がメディアを通じて見ると、「僕らも大変だけど、がんばろう!」という気持ちになり、勇気を与えてくれるのではないでしょうか?宮崎県は全国の中でも雇用情勢が悪く、一部の大手企業を除き、目立った製造業もありません。そんな逆境の中で生き抜かなければならない宮崎県民は、何よりも東国原知事の明るさが励みになったのではないでしょうか? 中央官庁の官僚から転身された知事よりも、もっと身近に庶民の暮らしを実感として理解できる。その実直な姿が県民のハートをつかみ、さらには日本全国に宮崎県ファンを創っているのではないでしょうか? 関西方面でもタレント知事が誕生したようですが、二番煎じと言われないよう、さらに売場を盛り上げるパフォーマンスを期待したいですね。

【金子哲雄のDaily Click】

・おみくの原価は1円!~時代を超えて生き残るビジネス~が発売されました!
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・お金をかけない人ほど、新しい仕事はうまくいく
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・ジャパネットたかた 思わず買いたくなる”しゃべり”の秘密
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22
[PR]
by koto-style | 2008-01-27 19:20 | スーパーマーケット