流通ジャーナリスト 購買促進コンサルタント金子哲雄がお届けする売場直送レポート


by koto-style

「オークションサイトが価格を高騰させる」

d0015277_22395184.jpg今まで「欲しい」と思ったモノは、ほとんど手に入れてきました。といっても、せいぜい2万円未満の商品なのですが、今回ばかりは、発売初日から全く手に入りませんでした。バッファロー社から発売されている「ちょいテレ」(DH-ONE/U2)というUSB接続タイプのワンセグテレビチューナーです。パソコンのUSB端子に差し込むだけで、ワンセグ放送を楽しめものです。メーカ希望小売価格は11500円。秋葉原、有楽町などにある大手量販店は即日完売で、入荷は未定とのこと。安く、手軽にワンセグ放送を見られるため、購入希望者が殺到したようです。自分の場合、自宅でなかなかテレビを見る時間がありません。せめて移動中の車内や隙間時間にテレビを見て、勉強したいと思っていたため、どうしても手に入れたかったんですね。そこで、オークションサイトを開き、型番を入力すると、100点以上、新品のちょいテレが出店されているではないですか!しかも、同一人物と思われる人が同じ品を数十点、出品しているようでした。例えば、大手量販店では10%のポイント還元を行っています。つまり、同じ商品を10個、購入すると、1個はポイントで買えます。自分用は1つで済みますから、残り10個をオークションで販売するんですね。当然、すぐ欲しい人がいますから、15000円以上の値段で取引されています。う~ん、ネット上において、世界規模での個人売買市場が成立すると、ますます買い物の知恵を持った人が優位になります。消費者も勉強しなければ、高いものをつかまされる時代になりました。

「オークションサイトが価格を高騰させる」

ネットをつなぎながら感じました。
[PR]
by koto-style | 2006-10-21 22:38 | コンビニ他