流通ジャーナリスト 購買促進コンサルタント金子哲雄がお届けする売場直送レポート


by koto-style

「見栄を張らない会社はつぶれにくい」

d0015277_2153175.jpg「強い会社って、どのようなものですか」と聞かれると、迷わず「見栄をはらない会社です」と答えます。NYに進出している日本料理店を例にあげますと、高級でフォーマルな和食店ほど、経営が行き詰まりやすく、一方、焼き鳥店や居酒屋などはオープン以来、行列が続いている店も目立ちます。高級店の場合、値段が張りますから、それなりの内装やサービス、味わいと提供して頂かないと不満が残ります。おしぼりも紙製ではなく、肌触りのよいタオル地でなければ格好がつきません。一方、安くて、カジュアルな店の場合、店側への要求レベルは高級店に向けたものと比べ低いです。多少、天井がすすけていても、テーブルに油が飛んでいても、あまり気になりません。逆に「雰囲気があっていい」とプラスに取られることさえあります。高級業態を維持し続けるためには、掃除や従業員教育の徹底、ハード面のリニューアルなど、開店後も投資を続けなければなりません。セレブを対象にした業態は運営側によほど資金的な余裕がなければ、成功は困難に思えます。開店後の維持コストを抑えられるのは、高級よりもカジュアルですから、「見栄をはらないビジネス」は儲けやすいといえます。話は変わりますが先日、NYと訪ねた際、往復航空運賃は38000円。激安だったこともありシートピッチが狭くても、食事が冷えていても、全く不満はありませんでした。むしろ、「激安なのに食事まで出て、悪いなぁ」と思うほどでした。お客に対し過度の期待感を与えないことも、賢い経営手法ではないでしょうか。

「見栄を張らない会社はつぶれにくい」

NYで焼き鳥を食べながら感じました。
[PR]
by koto-style | 2006-03-29 21:52 | レストラン