流通ジャーナリスト 購買促進コンサルタント金子哲雄がお届けする売場直送レポート


by koto-style

「買上点数はレジ周りで変わる」

d0015277_21411398.jpgマンハッタンから車で40分、ニュージャージー州郊外にあるTargetを訪ねました。同店はホームセンターと衣料品スーパーが併設した業態で、生鮮食品は置いていません。売場面積は2000坪くらいあるのでしょうか。一周するのにゆっくり歩いて50分かかる売場はというよりも、巨大展示場といった様相です。バスタブサイズのショッピングカートには、10ロール入りのトイレットペーパーならば6個は入ります。店内を歩くと、そこで暮らす人のライフスタイルが類推できます。鉄製のバーベキューグリルは「青々と広がる芝生の庭に置かれ、Wegmansあたりで買ってきた牛肉を焼くんだろうな」とか。プールサイド用のカウンターなどを見れば「自宅の庭にプールがあり、犬といっしょに泳いだりするんだろうな」など、映画で見たような情景をイメージします。衣類の品揃えは、都市部であれば日米ともに類似していますが、ガーデニング用品やハウスグッズは地域柄が明確に出ています。レジ周りにある商品をチェックしてみると、電池、菓子類、たばこ、雑誌類は共通しています。季節商品としてハンドクリームもゴンドラエンドに並べられています。また、最近では日米ともに$10(1200円)前後の映画DVDソフトが販売されています。レジで並んでいる間、「家に帰ったら、早くテレビのスイッチを入れてDVDでも見よう」と想像するのでしょうか。もちろん、レジ横のデッドスペースに陳列できるので、並べているだけかもしれませんが、お客様のうち15人に1人くらいの割合でソフトを手に取り、購入されていました。

「買上点数はレジ周りで変わる」

ニュージャージのTargetで感じました。
[PR]
by koto-style | 2006-03-20 21:40 | ホームセンター