流通ジャーナリスト 購買促進コンサルタント金子哲雄がお届けする売場直送レポート


by koto-style

「有効な無駄・商品を揃えて顧客満足度を高める」

d0015277_21323574.jpgSOHO地区にあるBEDBATH&BEYOND(以下、ベッド)を訪ねました。同店はホームウェア、食器、雑貨類を販売するNYでも人気のショップです。店内を歩くお客様の紙袋を見ますと、マンハッタンで引越しすると、食器棚はニュージャージのIKEAで調達し、食器棚の中に入れる食器類はベッドで、整理グッズはコンテナストアで買うといった、買い回りパターンが確立されているようです。高さ3m.以上の壁面いっぱいに10色のタオルを陳列する光景は圧巻というだけでなく、なぜか欲しくなるので不思議です。宿泊したホテルペンシルバニアはNYでも立地の割に安く、世界中の修学旅行生が集まる大衆的でリーズナブルな宿ですが、綿のバスタオルだけは気持ちがいいんですよ。厚みがあって、水の吸い込みもよく、やわらなかな肌ざわりは、シャワータイムが楽しみになるほどです。(NYでは一日3回浴びました)ベッドの陳列はタオルコーナーのみならず、どのコーナーにおいても、商品購入後に得ることのできる生活を彷彿させます。寝具コーナーでは硬さ、高さ、サイズなどが異なる枕を40種類以上、品揃えしています。なかでもMP3プレーヤを接続できるスピーカーつき枕はITキッズが飛んで喜びそうなものです。一つのアイテムについて、すべての顧客の好みに合うよう回転率の低いサイズまでも豊富に在庫することで、売場の魅力を高めています。同店はチェーンストアで、スケールメリットがあるため、一見、非効率に見える「死に筋」も抱えられ、選択肢を増やした品揃えができるのではないでしょうか。

「有効な無駄・商品を揃えて顧客満足度を高める」

BEDBATH&BEYONDで感じました。
[PR]
by koto-style | 2006-03-17 21:31 | ホームセンター