流通ジャーナリスト 購買促進コンサルタント金子哲雄がお届けする売場直送レポート


by koto-style

「YAKINIKUが国際語になる」

d0015277_2123687.jpgNYのスーパーマーケットの総菜売場にはだいたい寿司コーナーがあり、職人さんが目の前で握り、持ち帰り寿司として販売しています。一番人気はテレビ局(CNN)とオフィスビル、ショッピングモールが一体化しているタイムワーナービルの中にホールフーズというスーパーマーケットがあります。同店では常時、約8人の職人が寿司を握り、持ち帰りだけでなく、カウンターで食べることもできます。現地の方によると、寿司が日本食であることを知っている人が少数派とのこと。それだけ、NYでは馴染んでいるのかもしれません。同じ日本食レストランであっても、日本人しか集まらない店、アメリカ人しか集まらない店とでは味付けが異なり、アメリカ人向けの日本食は甘辛い「テリヤキ風味」が好まれています。今、NYで人気急上昇中の食べ物が日本式YAKINIKUです。韓国街に行けばドーム状に盛り上がった、鉄板で焼くスタイルは存在しますが、網で焼く店は数軒しかNYにありませんでした。昨年、ジャズクラブのようなインテリアの牛角がオープン。無煙ロースターで汚れずに食べられるとあって、現地では「ちょっと、よそ行きのレストラン」として認知されました。客単価は3000円前後。タレはアメリカ人からも好まれる甘辛いテイスト。店内の照度は日本よりも2割くらい暗く、肉色が見えないほどですが、NYの高級店の照度は顔が見えるです。お客様自身の目で肉を確かめ、レア、ウェルダンなど自分の好みに焼く。室内で食べられ、自己責任型のフードスタイルはアメリカ人から支持されたようです。

「YKINIKUが国際語になる」

NYイーストビレッジのレストランで感じました。
[PR]
by koto-style | 2006-03-09 21:01 | レストラン