流通ジャーナリスト 購買促進コンサルタント金子哲雄がお届けする売場直送レポート


by koto-style

「100円ショップではじめる防災対策」

d0015277_958489.jpg防災グッズと言うと何か仰々しいものを感じますが、まずは身近なところで100円ショップで買えるものだけで命拾いできるグッズを紹介したいと思います。我が家では厚手のスリッパ、滑り止め付軍手、携帯電話を枕元3点セットとして常備しています。就寝時のように靴を履いていない状態で被災した場合、携帯画面で足元を照らしながら、避難用の厚手のスリッパを履きます。ガラスの破片や木片が転がっていても、何とか歩くことはできます。次に倒れた家具やガラス類を取り除く際、滑り止めゴム付の軍手があれば、動かしやすいです。阪神淡路大震災では亡くなられた方のうち9割が家具や家屋による圧死でした。震災発生後、素早く逃げられるか否かによって生存率は左右されます。携帯電話は便利ですが動力源が電気のため、電池が無くなると使い物になりません。必ず乾電池で使用できる予備充電器を準備されることをお勧めします。乾電池が無くなると充電器も意味をなしませんが、新潟県中越地震の時は被災から約2日後には携帯電話会社から避難所に充電器が届けられました。とにかく2日、バッテリーが持てばよさそうです。万が一、子供は学校、ご主人は会社というように、日中、被災し、不幸にも負傷した場合、身元確認できるものが必要となります。身分証明書となる保険証などに加え、定期券入れの中に家族の写真をいれ、裏に生年月日と家族全員のフルネームを書いておくと安心です。身近な店で売られている物を使いこなすと被害は最小限に食い止められそうです。
「100円ショップではじめる防災対策」

100円均一ショップにて試してみました。
[PR]
by koto-style | 2005-04-19 09:59 | ショッピングセンター