流通ジャーナリスト 購買促進コンサルタント金子哲雄がお届けする売場直送レポート


by koto-style

「軽やかな経営体は長続きする」

d0015277_22473849.jpg今、注目している営業形態は移動販売です。江東区豊洲駅前にオープンしたスーパービバホームの店頭では、たこやき、おにぎり、クレープなどを製造販売する移動販売車を集め、集客力を高めています。たこ焼きが焼ける香りをかぐと、子供たちは親に買ってくれとせがみ、行列に加わっています。値段を見ると、たこ焼き8個で400円と、小銭感覚で購入できる商品を並べています。過去5年間に創業した方を追跡調査していますと、現在でも商売を続けている方には3つの共通点があります。まず、第一は初期投資を可能な限り抑えることです。例えば、商売をはじめる時、経営者はお客様志向を意識していますが、開業から年月が経過すると、いつのまにか、経営目的が借入金返済にスライドすることがあります。すると、お客様からそっぽを向かれ、経営が傾きはじめます。第二点目はお客の「いい」と経営者の「いい」を一致させていることです。例えば、スーパーマーケットに来る、平日のお客様は、おいしさよりも、スピードを求めているにも関わらず、売り手は「うまさを追求」することが、お客のためになると勘違いすることもあります。買い手の視点を失わないためにも、時には経営者自らがお客となり、お金を払う側になっています。三点目は必要最低限の資産しか持たないことです。当然、店舗、什器はリースで調達、スタッフも常勤ではなく、パートタイム労働者を雇用し、変動費化しています。つまり、背負うものを軽くすることが、身軽な経営となり変化に対応でき、生き延びる経営体質になります。

「軽やかな経営体は長続きする」

移動販売車で買い物しながら感じました。
[PR]
by koto-style | 2005-07-10 22:46 | コンビニ他